看護師2年目辞めたい人へのアドバイスはこちらから

看護師転職したかったのに押しに負けて2年目突入


 本当は2年目になる4月には転職していたはずなのに…。

上司に引き止められで2年目も、今の職場で働いているという人も多いのではないでしょうか?

病院の退職引き止めは強烈ですよね。

退職願いをだしたら突き返されてしまったり、いくら師長に話しても上に取り合ってくれない等、いったいどうしたら辞めれるの?という経験をしたことがある新人看護師さんは多いそうです。


労働基準法で違反しているのですが、若い20代看護師さんでは分からない人も多いです。

看護の勉強ばかりで一般知識に欠けているというのか…。


本人の後ろめたさもあり、強く出れないという場合もあると思います。

看護師には3年継続して勤務する事が必須!それに逸れてしまったら落ちこぼれというイメージがあると思います。

学校でそう言われてきた事が影響していると思います。


あえて3年耐えろと言っているところを見ると、それだけ仕事がきつく耐えられない人が多いからなのではないかと思います。

新人看護師の離職率は1割程と言われていますが、これには裏があります。

一部の病院からのアンケートの集計であり、本当も数ではありません。

もっと多くの新人さんが1年未満で転職しています。


辞めるといったら、よく話を聞いてくれて、悩みが解決できるように動いてくれる職場はまだ希望がありますが、それとは逆に辞めるといったら説教されて、最終的には脅されるというパターンもあります。

「こんな状態で辞めてもどこも勤まらない。」とか「他で働けると思ってるの?」とか「○○病院の面接に行ったんだって?そこでは働けないよ。」など。

さらに追い詰めてくるような事を言ってくる上司もいます。


しかも自分が、面接に行った病院の情報も、なぜか知っている…。

地域によっては、病院の看護部長同士が情報交換をしているという事がありました。

悪いうわさが広まってしまうと、次の就職にも影響しそうだし、強くでれないようにされてしまいます。


辞めるなら、なるべく円満退職したいのですが、そうさせてくれない病院は労働基準局に匿名で相談してもいいと思います。


引き止めるなら環境を調整するとか、精神的に限界に達している職員には心のケアをするなどが、上司の役割になると思います。


師長は、自分の部署から退職者が続出すると、評価が下がってしまいます。

説教したり、脅したりして、退職させないようにするのは、本来の仕事を果たしていません。


面倒な事はしたくないけど、自分の評価は下げたくないそんな上司のもとで働くなんて、この先も思いやられます。



2年目の現実


 2年目になると、先輩の目が新人職員に向く分、注意されることは減ります。

でも、見られない分、間違ったことも指摘されなくなります。

たまにしか人工呼吸器を使用する患者さんが入ってこない病棟だと、2年目程度だったら一人で管理するのはとても不安だと思います。

アラームが頻繁になっているけど、どうしたらいいのか分からない。

不安でその患者さんばかりに付きっきりになってしまい、周囲が見えていないことを注意される。


そんないっぱいいっぱいの状態の中、病棟の係は掛け持ちして担当する事になる。

物品の管理・薬品の管理に、親睦会の幹事など。

先輩たちはこんなに色々と大変な思いをしてきたんだなと、改めてわかる事もあると思います。

でも、どうしても辞めたいと思ってしまうのが、1年目から続いているできないとレッテルを貼られ、後輩の前でも叱責されたり馬鹿にされる事。


一度貼られたレッテルというのは、なかなか消えないものです。

私が体験した、指導に見せかけたいじめがある職場では、毎年1〜2人標的をつくりストレスのはけ口にしていました。


その対象になってしまっていたら、絶対に良い職場が他にあるので早めに転職することをおすすめします。

看護師の仕事はハード


 看護師の仕事しかしたことがない人は、看護師の仕事が当たり前なのでこんなものかと思っていると思います。

でも、女性の仕事としてはかなりハードなんだと、最近気付きました。

事務職を10年している友人の仕事内容を聞いていると、私たち看護師って一体…。もっと給料上げて!と思いました。

事務職の彼女は、毎朝15分前に出社し、事務所の掃除を軽くする。

あとは、頼まれた書類の整理やお客さんへのお茶出し、その片付け、頼まれた書類を届けにちょっと外回りして帰りにアイスを食べて帰ってもバレなければOK。

仕事の合間も暇がたくさんあるので、ネットサーフィンしたり、社長がいない間にお菓子を食べたり、そして定時に帰宅という流れだそうです。

ランチは外で食べてもいいし、自由!


看護師をしていると、病院に拘束されている状態で、休憩も自分の好きなところでとることができませんよね。

病棟を離れる時は誰かに、どこに行くのかを伝えていかなければいけません。

重い患者さんを移動させる力仕事もあれば、夜勤もあり、汚物の処理もしなければいけない、人の生死を預かる責任もある、日々変化する医療知識についていかなければいけない…。

なぜ、この仕事を選んだのか?

そう悩んでいる・悔やんでいる人はあまり深く知らなかったというのが、根本あるとは思います。

看護師になる前から、人の排泄物を処理することなんて想像できていませんでした。


その排泄物をしっかり観察することの大切さなんて、全く知りませんでした。


看護師で働く事って、並大抵ではないと思います。

だから辞めてしまう人も多いし、精神を病んでしまう人もいるし、潜在看護師も多いんだと思います。

自分の子どもに看護師の仕事をすすめるかというと、絶対にすすめないという人もいます。

私もその一人かな。

自分からなりたいという強い意志がないと、続けるのは難しいのではないかと思います。

看護師の転職ならジョブデポ看護師【最大40万円のお祝い金】


 

サイトマップ