妊娠しても看護師として働ける病棟をご紹介します。

妊婦看護師のリスク


 子どもを授かることは、とても幸せな事でおめでたい事なのですが、看護師をしていると不安なことも多々思い浮かんできます。

妊娠中は、基本的に無理は禁物です。

夜勤や力仕事は避けなければいけせん。

感染症も気になります。

X−Pの放射線も微量なら影響ないといっても、やっぱり気になります。

精神的なストレスも悪影響です。

立ちっぱなしも良くありません。


こう考えると、妊娠して看護師なんてできるの?

と不安になりませんか?


正直、キツイんだと思います。


何人もの、流産や切迫早産や死産をした同僚や先輩看護師をみてきました。


妊娠したからといって、配慮してもらうにも、環境がそうさせてくれないのが現実です。

看護師は、妊娠したからといって事務職に移すという事もできませんしね。

基本は立ち仕事で、力仕事はついてまわります。


「私、妊娠しているので、患者さんの移乗お願いできますか。」と毎回誰かに頼むなんて、私は絶対にできません。

年上の未婚の先輩看護師ばかりの勤務の日なんて…。


そうなる事が予想できるので、結婚と同時に妊娠を望んでいる看護師は寿退社をしていく人が多くみられます。

特に忙しい病棟は、ほぼ100%で退職していきます。


そして、妊娠しても働けて、産休・育休と取得できそうな病院に転職する人もいます。

妊娠しても働ける病院


 では、妊娠しても働ける病院はあるのでしょうか?

どこもノーリスクとは言えませんが、低リスクで働ける職場もあると思います。

それは、その病棟の師長の妊娠に対する考え方が大きく左右してくると思います。

妊娠や子育てを経験した事のある、師長は十分に配慮してくれる傾向があると思います。

さらに流産を経験した事のある師長は本当に、妊婦の体を第一に考えてくれていました。


でも、それができる環境というのも必要だと思います。

私は、精神科の慢性期の、解放病棟がベストだと思います。


精神科病棟だと患者さんから暴力を受けるのではないか?暴言をはかれて精神的にストレスを感じるのではないか?と不安が浮かぶかもしれませんが、慢性期なので精神状態は落ち着いています。悪化した時は急性期病棟に転棟するので、暴力の心配はありません。

暴言も自分の看護のあり方に問題がなければ、受ける事はありません。

そして、慢性期の解放病棟なので、自立している患者さんが多く介護度も低いです。

力仕事は全くないという場合もあります。

患者さんは自立を目指しているので、少しの助言と見守りはしても、手は基本的にだしません。

入院もないし、ゆったりした病棟なので、座って患者さんとコミュニケーションをとる事ができます。

残業もほとんどないので、体への負担も少ないです。

そういった面から、精神科の解放の慢性期病棟はこれから妊娠を望む女性にとっては、とても働きやすい病棟だと思います。

看護師の転職ならジョブデポ看護師【最大40万円のお祝い金】



 

サイトマップ